fc2ブログ

Welcome to my blog

コラム

★ダラダラと年齢を重ねすぎた女

0 0
★ダラダラと年齢を重ねすぎた女


g_big010sz3.jpg


 セックスの機会、男性との出会いのチャンスが少なくなった30代、40代の女性が、時々使う言葉が、

「私は、どうせ、オバサンですから」。


 これは、省略形ですから、正しく解釈すれば、「私は、オバサンになったから、もてない女になったのだ。オバサンは、もてないのだ」という意味になります。そして、悲しく厳しい現実ではありますが、これは、事実です。

 同じようなレベルの女性であれば、少なくとも、アラフォー女性よりは、20代の若い女性の方が、“もてる女性”であることに異論はないはずです。少なくとも、セックスの対象として見た場合には、男目線としては、触れば押し返してくるような肌の弾力は魅力的であります。
 ですから、アラフォー女性と、20代の女性では、おのずと、男に対するアクションも違ってくるのが自然です。

 若い頃であれば、裸になって男性の横に寝るだけで、女として大切に扱われているはずですし、そのような機会を持つことも、比較的容易だったはずです。しかし、同じことを、アラフォー女性が実行したとしても、その結果は違ってきます。いや、そのような機会さえ、持つことができないかもしれません。そこで、年齢を重ねた女であれば、一工夫、二工夫が必要になります。
 それは、ベッドテクニックかもしれませんし、金銭面での考慮かもしれません。少なくとも、若い時代の幻想を引きづっているようでは、セックスのチャンスさえも少なくなっていくはずです。


 年齢を重ねた女性の中には、若い女性の体以上の品質を維持している方も少なくありません。綺麗に手入れされた肌と、人生経験の中で、上品に作り上げられた身のこなしを持っている方であれば、むしろ、年齢はプラスとして作用し武器になります。おそらく、セックスパーティーに参加しても、若い女性以上に、人気者になることでしょう。

 しかし、年相応にオバサン化し、劣化したことによるマイナス面を補おう努力もしなければ、それは、間違いなく、ただの「もてない女」ということになります。


目次に戻る

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.