fc2ブログ

Welcome to my blog

コラム

★倫理という陰謀説

0 0
★倫理という陰謀説


 「浮気は悪いことだ」とする“人間らしい考え方”の背景にあるのは、明らかに、後天的に発生した「ルール」であります。

g_big009x07152.jpg



 本能の視点から言えば、浮気は悪いことだとする考え方が、不自然であることは、多くの方が賛同できる事実だと考えます。その不自然さの原因は、倫理観だとか、人間としての尊厳だとして長年に渡って脳裏に擦り込まれた内容であったり、教育された内容であることは明らかです。

 つまり、生まれた後に、教え込まれた内容なのです。日本社会では、一夫一妻制だから複数の女性と深い関係になってはいけない以上、社会システムの中で生きて行こうとするならば、浮気してはいけないということです。さらに興味深いのは、婚姻システムが、独身男女にも拡大解釈されている点です。結婚していない以上、複数の好きな異性がいても許されると、私なら考えてしまうのですが、それでも、恋人同士の間にも、浮気という概念は存在します。

 将来結婚するかも知れない女性とお付き合いしている段階で、他の選択肢を排除しなければなりません。これもまた、不自然な関係です。同時に複数の異性と付き合うことができれば、実は、もっと早く、結婚相手を確定できるかもしれないと考えてしまうのです。

 さらに、「浮気は悪いこと」という教育が浸透したおかげで、いったん、カップルになってしまった段階から、男も女も、「油断」という新たなリスクを背負うことになります。哺乳類が24時間夫婦で過ごすことや、孔雀のオスが美しさを磨くのとは反対に、例えば結婚した男は、釣った魚に餌をやらないという態度に出ると言います。ここまで書いてくれば、人間の教育システムの背景には、ひとつの疑義が生まれてきます。

 もしかして、「浮気は悪いこと」とする“人間らしい倫理観”を創り出した張本人は、「女に相手にされない、さえない男」なのではないでしょうか。


目次に戻る

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.