FC2ブログ

Welcome to my blog

政治ネタ

★ストレステスト 

0 0
★ストレステスト ~政治ネタ~ 


 ようやく再開された延長国会において、“ストレステスト”という言葉が登場し、当日の報道から話題になっています。これは、日本語訳としては、“安全検査”が使用されていて、今回は、原子力発電所に対する安全検査という意味で適用されています。

 この用語は、一般的に使用されているものではありませんから、多くの方々にとっては、初めて耳にする言葉だったのではないかと考えています。今回は、全国の原子力発電所に対する再起動可否のためのチェックそのものを指していますが、それなら、安全性検査と言えば良いところ。わざわざ、カタカナで、ストレステストと言い出したあたり、その背後に、官僚主導の影が見えております。仕組みのことを、わざわざ、スキームと呼ぶことと同様、もはや、政治主導は幻になりました。

 ちなみに、株式投資、為替投資などの世界では、この言葉、以前から使われていました。最近では、欧州金融危機問題に際して、欧州の銀行に対して、経営の健全性をチェックするという意味で、何度か、ストレステストが行われました。その結果によって、マーケットは大きく動く結果になりました。

 それにして気になるのは、国内原発に対するストレステストに関して、現時点において、その検査内容が決まっていないということです。検査というのは、正解があって、事実がその通りかというチェックをすることを言います。つまり、“こうあるべきだ”という基準があって、事実がその通りかというチェックをすることを指します。そういう意味では、検査内容、検査項目が決まっていないということは、いかにも、後手後手の印象を与えています。

 原子力発電所に対してストレステストを行うことについては賛成です。しかし、順番が逆です。海江田大臣が6月18日に、原発安全宣言をして、その後、玄海原発が運転再開の方向性を示した後でのストレステスト実施表明。さらには、ストレステストの結果を確認するまでは原発の運転再開をしないという管直人首相の発言。まさに、ちぐはぐです。まずは、内閣のストレステストを行った方が良いのではないでしょうか。

 え?、主人のストレステストですか?

 ま、それも必要かもしれませんね。そうなると、フリーセックス倶楽部としては、それ専用の検査項目を作らなければなりませんけれど。

目次に戻る

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.