fc2ブログ

Welcome to my blog

ビタミンH

究極の前戯、異性の脳を愛撫する♪

0 0
フリーセックス倶楽部のオフ会には、いくつかの代表的なスタイルがあります。 例えば、
 ①茶会
 ②秘密倶楽部
 ③混浴温泉巡礼 & お泊りオフ会
 ④食事会
などなど。

007_202311291809563ff.jpg
関連情報 サンプル映像など

基本となるオフ会は ①茶会。 
プラスH関係を楽しむ、B面性活を楽しむという点では もっとも フリーセックス活動に近いものです。リビングルームで展開される食事会は男女の出会いの場であり、同時に、その関係を深める場でもあります。 ここでの武器は、改めて説明する必要もありませんが、会話力に代表される 『コミュニケーション能力』 です。

女性が新たに出会った男性とスキンシップを楽しもうとする場合、男性側に求められる最大の要因は 「安心感、信頼感」 であります。そして、それは、外見的な清潔感に加えて、 コミュニケーションの量と質によって形成されると言っても過言ではないと私は考えております。 当然に、ひとりの女性を複数の男性で取り合った場合には、コミュニケーション量の差が運命を分けることになります。

さて、この時、後発の男性にとっては大きなハンディキャップを認識することになります。
どうしても、ある女性にとって 顔見知りの男性、楽しく過ごした経験のある男性の方が 気持ち的には楽チンだという現実です。 したがって、後発の男性としては、「茶会の中の限られた時間の中で、意中の女性との距離を縮めて置くこと」が重要となります。
しかし、これは簡単なことではありません。

会話に代表されるコミュニケーションの先には、ベッドで過ごす時間を確保しておきたいと考えるのが茶会のスタイル。そうなると、おのずと、男性も女性も、時間配分を計算します。そうなると、前戯の前戯ともいえるリビングルームタイムに割り振る時間が限られてきます。 そうです、コミュニケーションの絶対量を確保したいと考える人にとっては致命的な、そして構造的な矛盾が存在しております。

そうなると、後ろの時間を気にせず、会話の機会を確保するためにはどうすれば良いか。
ベッドでの前戯に対して、その前工程としてのリビングルームでの会話のことを 前戯の前戯 と考えれば、 さらに、その前工程を確保することが重要だと気付きます。

究極の前戯。
前戯の前戯の前に、意中の異性の脳の中に自身の記憶を刷り込む行為、これが、究極の前戯です。

④食事会 というオフ会スタイル。
飲食店で開催するオフ会ですから、当然のことながら、裸もないし、性的行為もないのですが、実は、ここが、最も効率の良い前戯ステップだということを 一部のスーパー常連メンバーは知っています。
何度か肌を合わせている異性との関係を強化する、2度目のスキンシップに向けて布石を打つ、初めてのベッドインに向けて距離を詰める、そもそも、この日が初対面の異性との関係を築く・・・。
全ては、ここから始まります。


さて、12月の忘年会。
通常の茶会とは別に、久しぶりに、比較的大規模な食事会を開催します

楽しい時間を過ごしたいものです。

さ、まもなく、2023年も師走に入ります。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.