FC2ブログ

Welcome to my blog

ビタミンH

Go To SEX

0 0
 最初に、台風10号による被害を受けた方におかれましては、謹んでお見舞い申しあげます。 ただ、緊急事態は現在も進行形ですので、この先、最低限の被害で収束することを願うばかりです。

 それにしても、“過去に経験したことがない” とか、“100年に一回の規模” など、そんな枕詞にも慣れっこになっている状態が心配でもあります。 さらに、新型コロナがベースにあることで、こんなケースでも、助け合うとか、サポートに駆け付けるとか、限られた物資を分け合うという行為が、逆に他人に迷惑をかける可能性があるという状態そのものが事態をさらに難しくしております。 日本人の良さみたいな部分が、逆に迷惑行為になる可能性があるという点は、なんとも皮肉な現実だと言わざるをえません。 さらに、避難先としてホテルが選択される場面で、Go To トラベルキャンペーンが有効活用されるということも、同じく皮肉な現象だと感じております。ま、役に立ってよかったということです。

001_20200907131000466.jpg
関連情報 

 前の記事でも書きましたが、新たな性活様式は、いろいろな場面で目にするようになってきました。そんな中で、フリーセックス倶楽部として注目しているのが、 『レジャー、趣味としてのSEX』 という世界です。 

 愛を確かめるためのセックス、夫婦の夜の営みとは対極に存在する概念で、誤解を恐れずに書くならば、それは、余暇を楽しむための方法としてのセックスです。 その特徴は、セックスのパートナーについては複数の対象から選択するという点にあります。 ただ、こう書いてしまうと、例えば出会い系サイトを使って不特定多数とセックスするというイメージを持たれがちですが、その点については、フリーセックス倶楽部の軸足は、不特定多数ではなく、『特定複数』 に限定することで、一線を画してきました。 もともとは、身元確認、衛生管理がベースですが、時代の流れに対応することで、現在は、感染防止・感染対策を含めて、特定複数に関する部分まで守備範囲を広げてきました。

 もともと、フリーセックスの世界においては、性病などの感染予防、避妊対策に代表されるように、健康・衛生管理は常識として存在し実践されてきました。 また、自由恋愛ですから、会場に到着した段階から、「清潔さ」は求められます。 見た目の清潔さ、臭い、清潔な着衣など、そういう点でも、性活に限らず、生活様式という点でも、あたりまえにルールが存在してきました。結果、もてる人ともてない人の差も、そこから生まれてきました。

 実は、新型コロナによって、セックスレス化が、さらに進展しているという話は、いろいろなところで聞きます。 そして、その傾向は、いわゆる 遊びとしてのSEX の世界では、さらに顕著だと言われております。 ただ、これも、どうなのかな~と感じているところです。

 心配だからセックスしない!という判断は、あまりにも短絡的だし、知恵がないと思います。 時代に合わせて、環境に合わせて、【どうやったら、安全に楽しくセックスを楽しめるか】、そういう発想が大切だと考えております。


 えっ?
 新型コロナ対応のワクチンや特効薬ができたらセックスを再開する、ですか?
  ↓
 そんなもの、当分、できないと思いますよ?
 ほら、そんなことを言っている間に、確実に歳を重ねます・・・。
 20歳にとっての3年間と、45歳にとっての3年間は、全く違います・・・。
 3年後にリハビリから始めますか?(^^♪
 あ、少し焦ってきましたか?(笑)


※8月の食事会、茶会に参加してくださった皆様、おつかれさまでした。
  今回も、フリーセックス倶楽部が定める新しい性活様式の適用に協力してくださり、ありがとうございました。 おかげさまで、3月、6月同様、今回も、一定の管理期間を経た時点で問題は一切発生しておりません。 茶会では、参加者が同じ方向を向いて、個人別に小分けされたフードを食している風景など、微笑ましく拝見させていただきました(*^-^*)。 また、入室時の検査への協力、裸レストラン方式への協力など、改めて感謝いたします。
次回のオフ会は、ハローウィーンあたりになってしまいますかね(^^♪。

さ、新しい一週間の始まりです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

フリーセックス倶楽部

0 Comments

There are no comments yet.