FC2ブログ

Welcome to my blog

ビタミンH

読者からの報告、ポリネシアンセックス

0 0
新型コロナ騒動が始まった頃、2月下旬のことですが、ひとりの女性読者からメールをいただきました。本人の了承を得て、ここで紹介させていただきます。

 彼女は、今年30歳になった独身女性、彼氏がひとりおります(それが普通か・・・)。 実は、彼女、ご多分に漏れず、彼氏のジャンクなセックスに悩んでおりました。 彼氏のセックスは、いわゆる、男による自分勝手なセックスであります。 ちょっと触って、濡れたら挿入。 2~3分のピストン運動を経て終了・・・であります。

 彼女が送って来たメールは、かなり深刻・・・。 このまま、自分勝手なセックスを続けるなら、大好きな彼氏ではあるけれど、別れようかという勢いでした。 その後、何度かメール交換をする中で、彼女に勧めたのが、“FSC流ポリネシアンセックス” でした。 もちろん、彼氏がすぐに理解できたとは思いませんが、彼女が根気よく彼氏に説明し続けた結果、ついに、先月、実践に及んだそうです。

ポリネシアンセックス

 ポリネシアンセックスのスタートは 「みつめ会い」。 そのステップで彼氏の欲望は下半身の変化として表れていたそうです。 そして、次は、前戯ステップ・その1。 女性器や乳首に触れない前戯ステップです。 もちろん、キスも保留。男が触れることができる部分は限定されます。 背中や、腕、腰などに限定されます。

 ここで、発生したことは。
 なんと、気が付けば、二人は眠っていたそうです。

 実は、これは、ひとつの望ましい形です。 セックスは究極のリラクゼーション、癒しの行為です。 そして、眠るということは、まさにリラクゼーションの極みであります。 彼氏のジャンクなセックスに悩んでいた彼女が、彼氏と肌を合わせるうちに眠ってしまったことは、すばらしいことです。

 この一歩は、確実に、次のベッドにおいて好影響を与えてくれるはずです。

 女性の性感帯は脳。 それ故に、夕方のセックスを脳内で再利用して、深夜のひとりベッドで、もう一回、オーガズムを感じることができるわけです。 今夜の記憶は、次回のセックスの始まりなのです。


by 誕生日プレゼントのアップルウォッチが最近のオモチャになっている麻亜宮
   想定以上に便利、これ♪。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.