FC2ブログ

Welcome to my blog

FSC現場報告

SEXパートナーをシェアするということ

0 0
フリーセックス倶楽部を説明する時には、いくつかの代表的なキーワードを使用します。

代表的な例を掲げると、
 ・プラスH関係
 ・A面生活☆B面性活
 ・前戯がメインディッシュ、挿入はデザート
 ・脳を愛撫するセックス などなど。

その流れで、特に、入会申請者向けの最終面接などで登場するのが、

 『SEXパートナーをシェアする』

というものです。

 これは、フリーセックス倶楽部の活動を開始した約20年程前から使っていた言葉、コンセプトです。 その後、カーシェア、シェアハウス、逃げ恥での“みくり”の家事代行面でのシェアなどで、今では市民権を得たワードであり、考え方となりました。もちろん、フリーセックス倶楽部でシェアするのはセックスする相手ということになります。

ベースになった発想はシンプルです。
 ・同じ相手とセックスしていると飽きることがある。
 ・初対面した異性には性的興味をもつことがある。
 ・週末にセックスするために、毎日、連絡を取り合うことは面倒くさい。
 ・不特定多数とのセックスに興味はないが、スクリーニングした限定メンバーなら楽しめる。

そこで誕生したのが、フリーセックス倶楽部的・シェアシステムです。


セックスフレンド ジーンズ すみれ 美香
すみれ美香さんのセックスは・・・
Enjoy Your Sex Life?

一定の基準を満たしたグループ、例えば、男女各20名程度が会員制サークルとして存在しているとしましょう。新陳代謝のために、時々、新人を加入させながら、男女各数十名のグループがあるとします。もちろん、異性を見わたした時に、全員がセックスの対象になることはないとしても、それでも、ある程度のロットで セックスしたい、あるいはセックスしてみたい異性が存在していれば、それは有効なステージです。

 セックスの対象が20名いれば、仮に、1年間のうちに15回、セックスパーティーに参加すれば、いろいろな異性と、年間あたり、1回~10回程度は肌を合わせることができます。お気に入りとは、ほぼ毎回セックスしながら、2ラウンド目、3ラウンド目には、他の異性と肌を合わせる。 したがって、参加しているメンバーのほとんどは、兄弟であり、姉妹であります。 

 これが、
 フリーセックス倶楽部のシェアシステムです。

個人的には、フリーセックスを楽しむための 空前絶後の(?)性活支援システム だと考えているところです。


ちなみに、ある日の入会申請者向け最終面接で、ある女性が、こんな質問をしてくれました。

「オフ会(茶会)では、シェアしてセックスを楽しむのですね?」・・・(目がキラキラ)
「そうです」と麻亜宮が回答したら、

「それなら、私は、フェラチオを担当したいです」
  続けて・・
「それと、挿入はバックの時にお願いします」
  と・・・

あの・・・・
シェアするのは、セックスする相手であって、
セックスという行為の工程を分割して役割分担するわけではありません・・・。
野球のピッチャーが、先発→中継ぎ→クロージング と分担するケースは違っていまして(*^^)v。

そのことを本人に改めて説明したら、彼女、顔を真っ赤にしておりました。

・・・かわいい♪・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

フリーセックス倶楽部前戯プラスH茶会

0 Comments

There are no comments yet.