FC2ブログ

Welcome to my blog

ビタミンH

“中イキできない・・”

0 0
 フリーセックス倶楽部の活動を通じて、多くの女性と交流する機会を持たせていただいておりますが、彼女たちとの話題の中で常に上位に位置するネタのひとつが、

 「私、中イキできないのです・・」

という言葉です。 

 当然と言えば当然ですが、この種の疑問や悩み(?)を話題にする女性は、それなりにセックス経験を積んでいる方々ということになります。 年代も、幅広く、20代~アラフィフまでと、さまざまです。 ちなみに、麻亜宮の経験則から言わせていただくと、中イキについての課題(?)で麻亜宮の発言を求めてくる女性は、35歳前後~40歳前後の方が多いように認識しております。

さて、“中イキ”。

最初に、麻亜宮の結論。
中イキの話は難しいです。 男目線で結論を導くことは無理です。最初に言っておきます(笑)。
ただ、男としては、こんな体位でつながった状態で、彼女の腕に力が入ってギュッと抱きついた後に、ふっと体全体の力が抜けたと思ったら、背中には汗・・・。 そして、小さな声で、「イッチャッタ・・・・」と言って貰えれば、これは、最高の 中イキの時間共有 タイム。 


たすき掛け 襷がけ 四十八手 中イキ
中イキの時間を共有する・・・。一体感を味わうこと、きっと♪(48手/襷がけ)


 正直なところ、麻亜宮は男ですから、その実態、どのような現象なのかについてコメントすることはできません(^^;。 経験したことがないわけですから・・。 ただし、実際に肌を合わせた女性の記憶を思い出せば、ある程度の想像はできます。 あくまでも、経験知に基づく、勝手な想像であります。

例えば、中イキしたことを申告してくれた女性の発言を整理すると、こんな感じ・・・。

※ 「深くイケた」と言う言葉をよく聞きます。 
   これは、男でも理解できる感覚です。 女性と肌を合わせて、射精した時の感覚にはいろいろ、あって、確かに深くイッタという感覚をもつことはあります。それは、満足感だったり、達成感だったり、発見だったり、きっと、そういうことの集大成なのだろうと考えているところ。 女性の場合も、一連のプロセスの中で、エネルギーが充填され、それが最後に、挿入されたペニスが膣内で何かを起こすのだろうと考えているところ。 なんか、妙な新興宗教の教本みたいになってしまいましたが、ま、多少は、男の夢とロマンで包んで語らせていただけば、『パートナーとつながった状態でこそ得られる満足感で迎えるオーガズム』、それが“中イキ”であって欲しい。 女性の性感帯は脳だということの分かりやすい例として、中イキを位置付けたい、これ、ひとりの男としてのロマンです。

 というか、でした・・・。


※中イキは、必ずしも、心の満足を必要としない?
  「・・でした」から、同時に、こんな場面も見てきました。 男のロマンに基づけば、例えば、結婚している女性は、少なくとも新婚時代であれば、旦那とのセックスで中イキするのだろうし、恋人とのセックスではかなりの確率で中イキするのだろう、そう考えておりました。 しかし、実際にはそうではないわけで、複数の調査によると、女性の55%前後は、中イキを経験していないと言います。こうなると、前に書いた男のロマンは、その根拠を失うわけです。
 
 実際、倶楽部のオフ会でも、初対面の男性とのベッドで、「初めて、中イキしました」という話を何度も聞いております。こうなると、中イキの条件は、単純に、 体の相性 とか 男性のテクニックとか そういうことなのかと考えたりもしているところ。 難しく考える必要はなく、単純に、「中イキできるパートナー男性と出会うこと」が解決策なのではないか、そう考えたりもしています、最近は。

 上手な前戯で女性器を洪水状態にした後に挿入。膣内では、“当たってる~!”ポイントを的確に刺激する。 単純にそんなテクニックを持った肌が合う男性と巡り合うことが 中イキの近道?・・、そうであれば、悲しすぎますか?(笑)。

つばき あにめ声 


※そもそも、イケない女性がいる・・・
   中イキを語る前に、そもそも、「イッタことがない」女性も、かなりの人数で存在しております。 実際、性感マッサージモデルを引き受けてくれたアニメ声の20歳の女性も、そうでした。 気持ち良さそうにしているし、良い感じで声も出ている、彼女の口からは、何度も、「気持ちいい、気持ちいい」、 「イキそう、イキそう」という言葉が出るのですが、最後には、「イケない、イケない」という言葉になります。 中イキどころか、クリイキもできないと彼女は言っていました。

 しかし、その数日後、2回目の性感マッサージを行った後のセックスでは、前戯段階から女性器からは愛液が流れ出るようになり、そのまま挿入してみると、ほんの2~3分で 「中イキ」」 することに。 もちろん、これが彼女にとっては、初の中イキ。 まさに、意味が分かりません。原因不明の 初中イキ達成。 ただ、この日の濡れ方は(彼女に言わせると)異常、初体験、見たことがない・・・だそうです。 どうやら、この辺りにも 隠された秘密が。

 と、男目線で、女性の中イキを考えてみると、考えれば考えるほど迷宮に入り込むような気がします。 女性は脳でセックスすることと中イキが関係あるかと思いきや、そうでもなく、単純に相性やテクニックだけで解決できる部分もあるのか・・とか。 女性側で準備するべきことがあるのではないかとか・・・。 

 結局、いろいろ、自分が考えるプロセスをそのまま文字にしているだけで、何も分からないということが経過報告であります。 ここは、さらに、データを蓄積するために、女性のみなさまにお願いがあります。 それぞれの 中イキ感やエピソードを、お寄せください。

ちなみに、関連のブログ記事を以下に。

★オーラル愛撫術 “ラリルレロ”で話題の さぁさ姉が 中イキを語っておりました。
  濡れることが重要という説には、妙に、納得しました。 こちらの記事を


★麻亜宮の性感マッサージから。
  人妻モデルさんとの会話の中で、中イキの話題になりました。麻亜宮は、それに対して、いつもの返事をしたのですが、これが意外に 目からうろこだった と言ってもらえた時の話が 彼女のブログで紹介されておりました。
エキスパート・・・、恐縮です(笑)。
 「私、中イキできないんですよ」 →「あ、そうなんだ」 コチラの記事を


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

中イキ挿入前戯

0 Comments

There are no comments yet.