FC2ブログ

Welcome to my blog

ビタミンH

チンコは最終兵器ではありません♪

0 0
 フリーセックス倶楽部の代表メールに送信されてくるメッセージや、セックスライフ向上委員会へのお問合せメールを読んでいると、多くの男性が同じような悩みを抱えているケースがあることに気づかされます。今回のテーマも、そのひとつです。

例えば、こんなメッセージが届きましたので、内容をサマリーして紹介します。

愛撫法 フィンガーテクニック オーガズム 前戯
チンコが最終兵器ではない♪ 

 お問合せの主は30歳のサラリーマン。年下の彼女と自宅でSEXしていた時の話。 それなりに時間が経過して、彼女に挿入。 彼女も、それなりに気持ち良くなっていたそうですが、挿入開始から5~6分で、(彼に言わせると)、事件が起きます。 彼女が発した言葉が、彼にとっては衝撃的なものだったそうです。 ちなみに、麻亜宮としては、“えっ?それの何が問題?” という程度のもの。

挿入状態で彼女が発した言葉は、
 「イキたい・・・。 指でイカせて・・」
だったそうです。

 つまり、挿入しているチンコを抜いて、指による膣内愛撫でイカせて欲しいと彼女が言っていたということです。 この場面、彼は、こう解釈したことになります。

 「えっ? 俺のチンコではイケないの?」 
 「前戯からの流れで挿入して、フィナーレに向かっているのとちゃうの?」
と、これが彼の心の声であります。

 どうやら、ここにも間違った “標準的なSEXの流れ/フォーマット” みたいなものがあるようです。 お決まりの手順を踏んでいるだけの男子にとってみれば、たしかにこれは衝撃的な事実だったのでしょう。 フレンチのフルコースを提供していたつもりが、最後になって、口直しのシャーベットをおかわりオーダーされたみたいな・・・(^^♪。

 挿入という行為は、単純に考えれば、『ペニスを使った膣内性感スポットへの愛撫』 ということ、ただ、それだけです。膣内の性感帯に触れるための行為を、指で行うか、ペニスで行うか、ただ、それだけのことです。 実際、子宮口近くに存在する強烈な性感スポットについては、残念ながら、指では届かないケースもあります。そういう時には、『指より長いペニスは少しだけ便利』 です。

 実際、自身の経験でも、ペニスを挿入した後、いったん抜いて、指でパートナー独自の性感スポットにピンポイントで触れることもありますし、潮吹きのリクエストがあれば、そういうポイントを指で触れることもあります。そして、また、相手が求めれば挿入状態に戻る、そんなケースは普通にあります。 挿入は、愛撫法のひとつのバリエーションにすぎません。特別な行為ではありませんから。

 実際、最初の例でも、彼女が 「指でイカセて!」とリクエストしたことは、むしろ、男としては喜ぶべきことだと思うのです。 実際、彼女は過去のセックスにおいて、彼の指でオーガズムを迎えた経験があるのでしょう。 だから、そう言ったのだと考えるのが自然です。だから、彼は、むしろ、自信を持つべきである、麻亜宮はそう考えます。

 彼女は彼とのセックスでオーガズムを経験したことがあるから、2回目、3回目があるわけです。 嫌な思いをしたり、全然気持ち良くない相手だったら、次はない、これは当たり前の発想です。

 ペニスによる膣内愛撫は、太い筆で性感帯に触れることであり、
 指で行う膣内愛撫は、細い筆、あるいはペンで性感スポットにピンポイントで触れることです。

弘法は筆を選んだとされております・・・。
上手に、筆を使い分けてみませんか。


★春のワイン会/食事会を開催します。
   → 残席が2席あります。
   →『食事会/ワイン会 & 裸レストラン』 の二階建てへの企画変更、調整中です。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

フリーセックス前戯挿入AV女優

0 Comments

There are no comments yet.