FC2ブログ

Welcome to my blog

オフ会現場報告

お泊りオフ会での就寝タイムが迫ってくると♪

0 0
 フリーセックス倶楽部のオフ会、その中心的存在は “茶会” ですが、一方で、根強い人気を誇っているのが 『お泊りオフ会』 です。
 もともとは、常連メンバー8名位で首都圏周辺の温泉ホテルへ出かけたのがルーツになっております。その後、少しずつグレードアップを繰り返しまして、数年前からは一泊二日のオプションとして二泊三日で参加するパターンも実行され、ついに、今年の夏には、“標準行程が週末を含む二泊三日” のスタイルでの秘湯混浴温泉の旅が実行されることになりました。

カリビアン 混浴 お泊り 温泉 乱交 オフ会
お泊り混浴温泉旅行は人気のオフ会♪

 茶会と異なり、帰宅時刻を気にする必要がないので、お泊りオフ会の場合は、いつにも増して濃厚なコミュニケーションを楽しむことができます。 また、長時間を共有することで、新たな発見に遭遇することもあります。 常連メンバー同士で交流を深めることはもちろん、逆に、新しく入会したメンバーにとっては、短時間で集中的に他のメンバーと仲良くなることができるというメリットもあります。そういう意味では、オフ会参加経験の少ない方にとっても、小さなチャレンジを決心することは、それなりにメリットがあると考えているところです。

 さて、お泊りオフ会での ひとつの節目 として思いつくことが、『就寝タイムが迫った頃の意思決定と動き出し』 ということになります。

 夕食後に開催される 部屋での二次会は、言い換えれば、帰宅制限のない茶会ということになりますから、いつもの流れで進行します。 前半は食事会&飲み会、徐々に、エッチモードになっていって、いつの頃から気が付けば、リビングルームの人口密度が減っていき、ベッドルームに移動するカップルが増えていく、そういうことです。

 つまり、お泊りオフ会の場合は、“どのベッド(布団)で、どうやって眠るか” という選択を迫られる時間帯がやってくるわけです。 例えば、その日のお泊りオフ会には10名の男女が参加していて、最大4人が就寝できる部屋が3部屋あるとしましょう。 この部屋とベッドがどのように割り振りされるか、そこが楽しいところです。

 例えば、おとなしく眠りたいという男女が各1名いて、夜の大人の時間も楽しみたいとする男女が各4名いたとしましょう。 おそらく、この時は、自然の流れの中で、最初の男女2名が一部屋を使って、ぐっすり就寝タイムを確保することになるでしょう。 そして、残りの男女合計8名がふたつの部屋に分かれることになります。

 この時、自然に4人ずつに分かれることもあるし、最初に一組のカップルができて、それを見ながら、他のメンバーが上手に調整することもあります。 就寝タイムが近づいたリビングルームでは、自然に、その夜に添い寝する相手の傍に席を移すメンバーなんかもいて、楽しい時間になります。 今年は、さて、どんな展開になるか、これも興味深いところです。

 えっ?
 8名の男女が2部屋を分け合う場合の麻亜宮のイメージですか?

 それは簡単な質問です。 

 それは、男女別々に、男部屋に4名、女性部屋に4名と振り分けるのが正しいのでしょう(^^♪。

PS)
 ちなみに、過去の経験では、就寝専用部屋を選択した男女が、結局は睡眠不足で翌朝、朝食会場にやって来るなんてケースが、比較的多いかなと・・・(*^^)v。 



クリトリス愛撫法&膣内愛撫法  輪姦学校  フリーセックス倶楽部 
 → オフ会を再現 『ザ・茶会X』 素人参加型大人のビデオ
 → フリーセックスって?!

★セックスライフ よろず相談! 
初対面のSEX攻略法 ~最初が肝心、最初が全て~





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

フリーセックス温泉混浴お泊り乱交パーティー

0 Comments

There are no comments yet.