FC2ブログ

Welcome to my blog

茶会のお作法

茶会参加の手引き⑪ 参加スタイルの選択

0 0
 フリーセックス倶楽部のオフ会、その代表格は 『茶会』。 それは、代名詞と言っても過言ではありません。 この連載は、フリーセックス倶楽部主宰・佐藤麻亜宮が、茶会を楽しむための “お作法” について、簡単にコメントさせていただくシリーズです。

今回は、その第11回、テーマは、
『茶会参加の手引き⑪ 参加スタイルの選択 』です。
連載テーマの一覧表は、コチラに掲載されております

希内りな
関連情報 #希内りな #温泉 #混浴オフ会 #乱交

 フリーセックス倶楽部の正会員としての資格を持っていれば、誰でも参加できるカテゴリーが 『茶会』 です。 誰でも参加できるからこそ、そこには、いろいろな参加スタイルがあります。 茶会は、限られた時間の中で時間を共有するものなので、何度か、回数を重ねる中で、それぞれが、それぞれの参加スタイルを個性として持つことは重要なファクターだと考えています。

 そのスタイルというものは、もちろん、本人が快適に過ごすためのテンプレートでもありますが、実は、他の参加メンバーにとっても重要な情報だと言えます。 それは、例えば、あなたに興味を持つ異性にとっては、接し方、アプローチの方法を決定するためのインターフェースでもあります。

 “スタイル” について、麻亜宮の悪口データベースに登録されている内容を使って、その一端を紹介してみます。 これは、男女の違いがない内容なので、まとめて書いておきます。 気になる女性の参加スタイルを知ることは男性にとっては有効な情報ですし、その逆も同様だと考えております。

 さて、最初に紹介する 代表的な参加スタイル。 これは、 『キョロキョロ迷走タイプ』。 これは、時々参加する方々に多いスタイルです。 例えば、半年とか、9ヶ月とか、1年とか、そういうインターバルで参加するケースを考えてみましょう。 上手に遊べる方々であれば、面識有る参加者と初対面の参加者と、上手にバランスを取りつつ限られた時間を過ごすことになります。 しかし、とにかく、初対面の異性にばかり注目する方がおります。 そして、同時に、本人の中には常連意識が残っているので、どうにも微妙な動きになってしまいます。 あっちでチョッカイ、こっちでチョッカイ・・・、結局、そっちかい?!。 迷走している間に4時間が過ぎてしまうタイプです。

 次に、『当たって砕けろ、ホームランバッタータイプ』。 これは、常連系に多いタイプ。 その日の茶会に参加している異性を見わたして、「今日は、この人とベッドに行きたい!」と考えたら、わき目もふらずに、その人だけを狙うタイプ。 高めのインコースだって打ちに行くし、ワンバウンドだって、必死になってバットに当てに行くタイプ。 結果として、三振したら、その時は、その結果を受け止めて、その日の後半は食事会として参加する・・・。潔いタイプとも言えます。 ちなみに、この最終形は、“あえて、青色のカップを持っている参加者を狙っていく” というスタイル(*^^)v。 別名、『Z会スタイル』。 もちろん、途中で、狙っている対象とは異なる異性からのアプローチがあっても、それは丁重にお断りすることになります。

 次に、『イチロータイプ』。 これは、かなりポジティブな意味でのスタイル分類です。 本当は、ホームランを狙えるスキルを持っているけれど、あえて、安全に、シングルヒットを狙っていくタイプです。 意中の異性が、その日の人気ナンバーワンだと判断したら、目標を、2番目、3番目に変更するタイプ。 1本のホームランを狙うよりは、シングルヒットを2本、3本打とうと考えるタイプです。

 以上が代表的なスタイルですが、他にも、“撒き餌スタイル” 、 “熟練抜き型スタイル” 、 “通年生理、時々危険日スタイル(?)” などがありますが、その説明については、今度の茶会で(^^♪。

以上、⑪ 参加スタイルの選択 について書かせていただきました。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.