FC2ブログ

Welcome to my blog

茶会のお作法

茶会参加の手引き③ ローションの選択

0 0
 フリーセックス倶楽部のオフ会、その代表格は 『茶会』。 それは、代名詞と言っても過言ではありません。 この連載は、フリーセックス倶楽部主宰・佐藤麻亜宮が、茶会を楽しむための “お作法” について、簡単にコメントさせていただくシリーズです。

今回は、その第3回。 テーマは、
茶会参加の手引き③ ローションの選択』 です。
連載テーマの一覧表は、コチラに掲載されております

 茶会で使用するベッドルームには、かなり前から、マッサージ用のローションが常備されております。 もちろん、肌を合わせる場面で使用するためのものでありますが、その使用形態に鑑みて、セレクトされるブランドは、『アストログライド』 と決まっております。

tm-12313.jpg



 このローションの特長は、長時間の連続使用が可能であるということです。 平均としては、20~25分位の時間に渡って、乾燥することなく、マッサージオイルとして使用することができます。 例えば、女性器に代表される粘膜部に愛撫を加える時に、早い段階で、ガビガビになってしまうと、使い勝手が悪いというのが、選択の理由です。 廉価版として有名な、ペペなどは、お湯で溶いてローションプレイに使う場合などは手ごろなアイテムですが、じっくりと時間をかけて行う愛撫には不向きです。

アストログライド GEL


 そんな中、ひとりの女性会員の紹介ということで、この3月からは、『アストログライドのGELタイプ』 を追加ラインナップすることにいたしました。 こちらは従来品(ボトルに入っているもの)よりも、さらに長時間の使用が可能です。 これなら、長時間挿入を行う時にも、途中の補充タイム無しに、連続して使用することができます。 それぞれのプレイパターンや、各シーンによって、上手に使い分けて欲しいと考えております。

日光 鬼怒川 中禅寺湖
※先日の、日光鬼怒川お泊りオフ会から♪。
  間違って、季節感のない服装で行ってしまった・・・(;'∀')。

 ちなみに、パートナーとのセックスシーンにおいて、アイテムを使用することに抵抗があるという方が、少なからず存在します。 それがローションだったり、ローター、バイブレーターだったり。 あるいは、ライトSMで使用するための、ソフト縄やアイマスクなど・・・。 私の考え方としては、このようなアイテムは積極的に使用するべきだと考えております。 「アイテムを使ってとリクエストしたら、変態だと思われるとか、淫乱だと思われるとか」、そのような懸念は不要です。 オープンな関係が重要です。

 特に、ローションについては、積極的に使用しましょう。 理想的には、実用性感マッサージシリーズや、ポリネシアンセックスシリーズで紹介しているような手順、つまり、『粘膜部に代表される性感帯に触れずに女性の体全体を愛撫すること』 によって、女性器を濡らすことができれば、その後の進行はスムーズです。 濡れた女性器に手を伸ばし、スリットの間に溜まっているジュースを指ですくって、それをローションにすれば良いわけですから。

 まちがっても、「濡らすために粘膜に触れる」という発想はもたないことが大切だと考えます。 それは、痛みを伴うだけだし、警戒心を持たせることになります。 女性の脳は性感帯ですから、これでは、脳は性感帯としては働けません。 女性の体は、まさに、腫れ物に触れるように 取り扱うこと が大切です。 そのためにも、ぜひ、ローションの有効活用を!。

以上、③ローションの選択 の終わりです。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.