FC2ブログ

Welcome to my blog

ビタミンH

オフ会のカタチ 一泊二日混浴温泉オフ会

0 0
 フリーセックス倶楽部のオフ会は、時間の経過の中で、微調整を重ねながら、いくつかの代表的なスタイルに集約されてきました。 その中で、代表的なものは『茶会』です。 これは、会員資格をもっている正規会員なら誰でも参加できるフリースタイルのオフ会です。過ごし方は自由、そんなオフ会です。

 そんな中で、一見、ハードルが高そうなのですが(実際、高いと思いますが)、確実にブランド化しているのが、『一泊二日混浴温泉オフ会』 というスタイルです。 その名のとおり、通常のオフ会とは異なり、お泊りタイプのオフ会となります。 独身会員でも、そんなに簡単には参加できないオフ会スタイルですし、ましてや、既婚者となると、そのハードルは、かなり高いことは明らかです。

IMG_7068.jpg


 さらに、企画し、主催する立場としても、人選に悩むところです。 限られたメンバーで、お泊りオフ会を実行するわけですから、例えば、会のルールを乱す存在や、当日の参加メンバーと良好なコミュニケーションを取れないメンバーが混じってしまうと、オフ会全体が、シラケた感じになります。そういう意味で、 “一泊二日混浴温泉オフ会に参加できるようになれば、倶楽部正会員としては、上級レベル” ということになります(^^♪。 そういう意味で、温泉オフ会は、ブランド化しているということです。 いわゆる、狭き門ということになっております。

IMG_7102.jpg

 主催者としては、いつもの慣れた温泉施設であれば安心であるというメリットはありますが、一方で、マンネリ化のリスクもあります。 また、ポジティブな根拠に基づく場合は、より便利な、より魅力的な施設を開拓したいという思いもあります。とにかく、仕事も遊びも一生懸命が信条ですからw。

 そういう意味では、2018年は、なんと、3回も、新温泉施設にチャレンジすることになりました。
 
 最初は、初の 『秋田への温泉旅行』。 都内から秋田県内の駅や空港までの交通費は男女問わず、自腹での追加負担という条件にも関わらず、定員一杯の8名が参加してくれました。ここでは、初となる、公衆混浴日帰り温泉への団体乱入という行動を実行し、その魅力に取りつかれました(笑)。 結果、女性からのリピート要請に基づき、2019年に、2回目開催を決定。 なんと、この時点で、定員8名(男女各4名)に対して、女性は既に満席・キャンセル待ち、男子残席1名)という状態。こちらは、人気の温泉オフ会になりつつあります。

IMG_7078.jpg


 また、今年は、こちらも初となる日光・鬼怒川温泉オフ会も開催。こちらも、素晴らしいオフ会環境であることが確認されて、大きな一歩でした。 ただ、お部屋の露天風呂で立ちあがって、通過する電車に向かって手を振る行為は自粛しましょうw。 ま、裸の下半身を露出して見せているわけではないので、公然わいせつ罪には問われませんが、少なくとも、オッパイは見えてます。・・・。 あ、見せたいのか・・・。

 そして、今回は、毎年恒例の 伊豆方面での温泉オフ会のための新規開発。 さすがに、麻亜宮ひとりで温泉ホテルに泊まることは変に見られかねないので、先日、ブログで、いっしょにお泊り温泉旅行に行ってくれる方を募集したら、無事に成立。 このような事象を見るにつけ、フリーセックス倶楽部的だなーと感じる次第。 結果、男女各2名・合計4名で、しっかりと下見オフ会に行ってきました。 こちらは、今年からの定番スポットに追加されることに決定しました。 なお、年内の、こちらの施設へのツアーは、男女各4名・合計8名について、現時点で、満席・キャンセル待ちとなっております。 やぱり、ブランド化しています。

IMG_7092.jpg

IMG_7139.jpg

IMG_7142.jpg


 2019年も、年間4回の 一泊二日お泊り混浴温泉オフ会 を開催したいと考えているところです。

先日は、食事会もありましたし、いつもの茶会もありました。さて、これから、どんなタイプのオフ会が生まれるか。 こっそりと楽しみにしているところです。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.