FC2ブログ

Welcome to my blog

オフ会現場報告

秘密倶楽部は、オーダーメイドのオフ会です。

0 0
4_20160715001822bd2.jpg
関連情報

今年の4月以降の出来事は、かなり、印象的です。 それは、フリーセックス倶楽部の公式WEBや、ここのブログ、さらにはツィッター経由で、女性からのアプローチが連続していることです。

 その内容は、いずれも、オフラインのこと。 つまり、フリーセックス系のプライベートイベントを企画して欲しいというものです。ここ3ヶ月で、麻亜宮は数人の女性と実際に会いましたが、そのうちの70%は、『実用性感マッサージ体験』と『ポリネシアン・セックス体験』を目的とするものです。 彼女たちが決心することを支えているのは、長年継続しているブログや、オフ会活動、かなり蓄積が進んだ映像作品だったりしています。そのようなアセットが信用を付与してくれています。継続はチカラなり、であります。と、自画自賛はこのあたりにして・・・。そして、十分な前戯の必要性を訴えて来たことが少しずつ認知されつつあること。

 ポリネシアン・セックスで焦らされた結果、過去にないような深い性的快感を得るという例は少なくありません。いずれも、短時間で、さっと挿入して終わるという男性の身勝手なセックスの被害者であります。 いまだに、セックスとは、女性は男性が満足するために体を提供する・・・程度の認識を持っている男が多いことには驚かされます。 女性のためにセックスしましょうとは言いませんが、せめて、フィフティ・フィフティでありたいものです。

 さらに、3P体験、スワップ体験を目的とするアプローチもあります。 その場合は、フリーセックス倶楽部の会員の協力を得て、場と空間を創ることにしています。 複数プレイの場合は、男性に求められるスキルが高くなります。少なくとも、男性同士が、例えば、アイコンタクトだけで次のステップを決めることが必要です。ここでのスムーズさが重要。 そもそも、男性がオロオロ、バタバタしていたら、女性は安心して感じることができないのですから。 ゆったりと、余裕しゃくしゃくの男であれば、女性は安心できます。これは、女性から聞いたから間違いないです(^^♪。


 輪姦体験、4P体験、レズスワップ体験などなど・・・、グループセックス系のリクエストが、最近は入り始めています。どうやら、夏から秋に向けて、倶楽部会員のリアルでの出動機会は増えそうです。

 オーダーメイドのオフ会、それは、秘密倶楽部でサポートします。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.