fc2ブログ

Welcome to my blog

セックスライフ向上委員会

#009 話題のガイドブックを解説します いい前戯とは? 後編

#009 話題のガイドブックを解説します いい前戯とは? 後編

セックスライフ向上委員会関連のWEBサイトやブログから、無料ダウンロード可能なPDFが密かに話題になっています。 それは、セックス初心者のために書かれた セックスライフ支援のためのガイドブックです。

タイトルは、
 女がとろける脳を愛撫する方法
 ~脳を愛撫して最高のセックスライフを~
であります。

 その解説シリーズ、今回は 9回目 です。
 ※前回の記事は こちら です。
 ※総合INDEXは、コチラです



 前の記事(#008)で、次のような書き出しで詳説をスタートしました。

 私は、前戯という言葉が嫌いです。 多くのセックス指南書では、 前戯→本番(挿入)という区分で論を勧めています。しかし、多くの女性は、上手な前戯を求めているという事実をご存じですか? 上手な前戯の後に行われる挿入は大きな快感を呼びます。また、極端な例では、上手な前戯で満足させてもらえれば挿入は要らないという女性も多く存在します。 これが現実です。

 だから、私は、前戯/本番 という区分が嫌いです。 女性目線で言えば、むしろ、『前戯がメインディッシュ、挿入はデザート』 なのだということを知って欲しいです。そして、それを信じてもらえれば、女性からのリピートリクエストは増えるはずです。 今回は、そのような前提を置いた上で、 『いい前戯とは』 という話をします。 

 この枕詞(?)を、今一度繰り返して、今回は、 「いい前戯とは?」の 後編 について解説を加えさせていただきます。

 今回のテーマは、『女性器の触り方』 です。



女性器の構造

 女性器と言われるパーツの中でも、もっとも敏感な、そして女性に大きくて深い性的快感を提供するものが 『クリトリス』 であります。このことは、ほとんどの男性が知っているはずです。しかし、名称と実際のパーツが一致している人は少ないのです。 挿絵をご覧ください。濃いピンク色で示した部分が クリトリス です。

 ここで、「おや?」と思った方は将来性があります(^◇^)。 実は、多くの男性は、最上部先端に見える ポチッと飛び出したところをクリトリスだと認識しています。そうです、女性にM字開脚してもらった時に、膣口と恥骨の間に見える、小さなチンコみたいな部分です。 包皮を剥いてあげると、ピンク色の粘膜が露出する部分です。ここは、粘膜ですから、もちろん、いきなり指で擦ったりしたら、女性にとっては痛いだけの苦痛になるわけです。

 さて、挿絵に戻ります。実は、濃いピンク色の部分全てがクリトリスです。そこには神経が集中していますから、全体として快感を提供する元になっているのです。 つまり、先端の粘膜に限らず、例えば、鳥が羽を休めたような形状をしている下の部分についても、そこは気持ち良い場所だということになります。

クリトリスの構造

 例えば、「実用性感マッサージ」の早い段階の愛撫シーンを見てもらえば分かりますが、女性の両脚の付け根に指で圧を加えたり、振動を加えたりしているシーンがあります。 これを見ると、女性器には触れていない(いわゆる粘膜部という意味)のに、女性は感じ始めていたりします。中には、それだけでオーガズムをむかえる女性もいます。 実は、この時に触れている “両脚の付け根” とは、すなわち、前述の 鳥が羽を休めた状態の「羽」の部分に圧を加えていることになります。何のことはない、「クリトリスを刺激している」ことになります。

 例えば、パートナー女性とベッドに入った時に、下着を脱がせる前の段階で、親指と人差し指で、・・・・


 <中略>


会員専用ブログでも全文をご覧いただけます。

 
次回は、「最高のセックスライフを送るためのヒント (P.40~)」についてコメントを加えてみます。

本シリーズの解説は、セックスライフ向上委員会パートナー・佐藤麻亜宮が担当させていただきます。




※教材としてのPDFは、無料でダウンロードできます。
 フリーセックス倶楽部主宰・佐藤麻亜宮のブログの左側サイドバーに専用バナーがあります(PC版の場合)
 http://mark69.blog101.fc2.com/


セックスライフ向上委員会公式WEBサイトへ




★ご紹介★ 
 セックスライフ向上委員会は、日常生活の中に自然にセックスを織り込むことで充実した日々を送っていただくためのお役に立ちたいという思いからスタートした『セックスの学校』です。

 ただし、学校とは言っても、楽しく学んでもらうことを一義としているので、身構えていただく必要はありません。セックスは本来、楽しく、気持ち良いことです。しかし、多くの方々は“正しい知識と技術を持っていない”ために損をしているのです。その結果、上手にお気に入りの異性を誘えないとか、ようやく初めてのベッドインを果たしたのに、その後、リピートがないなど、いずれも、“セックス下手が原因の悲劇”と言わざるを得ません。

 したがって、“正しい知識と技術を学ぶこと”が大切です。しかし、学校がないのです。それぞれが認識していることですが、親しい間柄になればなるほど、ましてや仕事仲間や家族には相談しにくいのが、セックスについての疑問や不安です。知らないことは実践できないわけですから、教えてくれる機関が必要です。それが、セックスライフ向上委員会です。
 必要な知識や技術には、いろいろな場面があります。知ること、鍛えることに始まり、もちろん、出会うことも必要です。ゴルフだったら、打ちっぱなしで一定のレベルに達したらコースに出てみたくなります。そして、調子が悪い時、新しい技術を学びたい時には、レッスンプロのお世話になります。同じことです。

 楽しくセックスを学ぶ。それは、entertainment の要素 と education の要素、その両方をミックスさせることで実現できると考えました。セックスライフ向上委員会のコンセプトは Edutainment です。
 挿入して射精することがセックスではありません。それは、楽しいセックスライフのほんの一部です。エスコートやベッドでのテクニックを学ぶことも大切ですし、セミナーを通じて新しい知識を得ることも大切です。自分が本当に見たい動画、コンテンツがないと感じているなら、一緒に創ってしまいましょう。プライベートレッスンや個別相談が必要ならそれもメニューに入っています。

 今回ダウンロードしていただいたレポートは、そのような教育研修メニューの一部を紹介したものです。例えば、「セックスライフを楽しむための 正しい知識」という側面で見ていただくと、ここで紹介されているような項目を紹介することができます。


 セックスライフ向上委員会は、セックスと真正面から向かい合う方のためのホームです。

 今回ダウンロードしていただいたレポートは、そのような教育研修メニューの一部を紹介したものです。


#009 の 終わり


#
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
スポンサーサイト
[PR]