FC2ブログ

Welcome to my blog

FSC現場報告

2015年前半のオフ会で気づいたこと #2 初対面H・・

0 0
前の記事に続いて、 「2015年前半のオフ会で気づいたこと」、その2回目です。今回jのテーマは、 「初対面エッチ」のこと。

 雑誌のアンケートで、時々、目にするのが 

「何回目のデートでキスしますか?」 とか、
「何回目のデートでセックスしますか?」 というもの。

特に、男性の中で人気があるアンケートが、 「初対面エッチに成功したことがあるか?」 というもの。

今日から使える
関連情報 

 
 一般的に、最初のデートで、いきなりホテルまで到達する男性は、「モテる男、エスコート上手な男」 と呼ばれます。それだけに、多くの男性が その武勇伝に注目することは自然なことかもしれません。

 同じことは、グループセックスのパーティーでも同じことです。 例えば、10名~20名の男女がセックスパーティー会場に集まれば、多くの場合、そこには初対面になる異性がいます。そして、中には、「ぜひ、肌を合わせてみたい」と考える異性がいたりします。そこで、ふたつの判断に分かれます。

 最初は慎重派。 今日のところは自己紹介から始まって、何回か言葉を交わし、相手に自分の存在を知らせよう。そして、会話によるコミュニケーションを重ねる中で、次回、あるいはその次の出会いをターゲットとして、肌を合わせる機会を狙おうというもの。一般的に、女性は十分に会話によるコミュニケーションを図った後でないと、そのような対象としては見てくれません。


 次は、初対面エッチを果たそうとする場合です。 

 一般的に女性は誘って欲しいものだと言われています。これは事実です。仮に、女性の方から特定の男性をロックオンしたとしても、それでも、その状況を察知して誘うのは男であるべきです。 仮にそれが勘違いで、結果、女性から断られても良いのです。男は、断られてナンボです。

 男性は自分が狙っている女性でなくても、誘われれば、その誘いに応じてベッドを共にすることができます。しかし、女性は違います。 もしも、貴方が、意中の女性を無理やり、強引に誘って、彼女は渋々、それに応じてベッドを共にしたとしましょう。 彼女は微妙に空気を読んで行動した可能性があります。それでも、それなりのシグナルを発していたはずです。 例えば、キスしようとしたら、さらりとかわされたとか、彼女に触れる前に、さっさとイカサレタとか・・・。

 そして、その結果が分かるのが次回再会した時です。 その時に彼女がそっけない態度だったり、話しかけてこなかったりしたら、明らかに、あなたの 初対面エッチは失敗です。 そこでのアプローチ方法が失敗の原因だったわけです。女性がセックスするためにはストーリーが必要であります。それを無視して、いきなり結論が書かれているページを開くと、そういうことになります。 まさに、The End、 彼女との2回目は無いといえます。

 本来、セックスすると2人は仲良しになります。 当然、次回再会時には、会話がはずむはずです。それが、逆に無視されたとしたら、ま、そういうことです。 焦って初対面エッチを果たそうとすると、そんなリスクもあります。

 最後に。

 初対面で、お気に入りの女性とエッチできる時、 それは、女性の方が、あなたとのベッドを試してみたいなと感じた時、それだけです。 男性からPUSHすると、だいたい、最後は嫌われるわけです。 女性がそのような気持ちになるまで、彼女の脳が発酵するまでは男性は待つことになります。

 男性が初対面エッチをしたいと願うならば、初対面して1時間以内に、彼女がそんな感情を持ってくれるように振る舞うことが必要ということになります。 2015年の前半、初対面で肌を合わせた男女ということでは、70%位でしょうか。 

 ただし、70%のうち、2回目がなかった男性が約40%・・・。
 はい、女性の立場で言えば、「試してみたら、下手だった」ということ。 やっぱり、テクニックは必要です。

 初対面エッチを達成するためには、男の魅力、エロさが必要です。 そして、その相手との関係をキープするためには、女性を気持ちよくさせることができるテクニックと知識、心配りが必要です。

 前の記事に絡まて書けば、
 セックスライフ向上委員会で習った後は、フリーセックス倶楽部のオフ会で慣れる、そういうことです(かなり、手前味噌ですけど・・・)。

 逃がした魚は大きい・・・、そうならないことを祈っています。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.