FC2ブログ

Welcome to my blog

ここだけの話

人妻さんとデートしました。メールをいただきました。

0 0
 2014年年末から年始にかけて、以前からメールをいただいていた人妻さんとデートしました。 2回目のデートでベッドを共にしました。 長い時間をかけて、ゆっくりと、いわゆる前戯の時間を二人で楽しみました。最近のブログで話題にしている 『ゆる~いセックス、挿入なし』 を実践したというわけです。 その夜遅く、彼女からのメールが入っていました。

※メールそのものと関連する事項について、彼女の許可を得たので、紹介することにしました。セックスレス状態にある人妻さんのお役に立てるのであればというのが許可の背景です。

 さて、彼女から届いたメール。麻亜宮としては、まさに、我が意を得たりの嬉しいメールでした。 初対面の時には体全体から緊張感と警戒心(笑)が出ていた彼女からのメールだと思えば、それは、すばらしいことです。




タイトル:ありがとう

本文:
 ・・・・・・
今日は本当にありがとうございました。
Hってこんなに気持ち良くて、幸せな気分になるものだったんですね…(*''*)
また、色々教えて下さい(*^^*)いつか麻亜宮さんがして欲しい事もしてみたいな…。
・・・・・・



 
 最初にブログにメールをいただいてから、このメールをいただくまでのHISTORYの概要について、簡単に紹介させていただきます。 普通は麻亜宮のセックスライフを開示することはないのですが、彼女(ここからは、人妻Yさんと呼んだりします)の置かれている環境、そして勇気を持って踏み出した一歩は、セックスレスに悩む多くの女性にとって役に立つと考えるからです。きわめて、珍しい、麻亜宮のドキュメンタリーです。


 彼女・人妻Yさんからの最初のメールは、フリーセックス倶楽部のオフ会への参加資格を得るための入会申請メールでした。 実際、いろいろな女性からメールが届きますが、オフ会への参加を前にして、プライベートで会ってみたいなと感じる女性は、それほど多くはないのです。多くは、あくまでも麻亜宮にではなく、オフ会に興味があるわけですから、そこから脇道に引き込むことはそれほど簡単なことではありません。

 彼女に興味を持ったのは、メールの中にあった一言です。 

 彼女はオリンピック数回分の期間に渡り、ご主人とセックスレス状態だったそうです。普通はそこで、現役のオンナをやめてしまう、諦めてしまうものですが、彼女は、あえて、自分から行動を起こして、ご主人との夜の時間を持ったそうです。その後に、入会申請メールが届きました。

 
中に、麻亜宮の心を捉えた一言がありました。それは、入会申請の動機なのかもしれません。


こちらからお願いするセックスは、なんだか虚しくて…。
求め合ってハグやセックスしたい、そう思いメール致しました。




 ほら、なんか切ないでしょ。

 彼女が求めているのは、挿入して激しく腰を振るセックスでなく、まさに、当時、麻亜宮が提唱していたベッドやお風呂での過ごし方であります。
PIC_05021.jpg


 抱き合って、お互いの肌の温もりを感じるセックスなら、麻亜宮にもできますw。

 それでは、まずは、面接ということで、カフェでお茶しましょうという話になりました。

>続く


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.