FC2ブログ

Welcome to my blog

未分類

ハプニング報告(#^.^#) ~ピロートーク#9~

昨日は、久しぶりにブログで麻亜宮のフリーセックス倶楽部活動LIVEを実行してみました。いわゆるハプニング・ランチということです。

moblog_293a17aa.jpg

moblog_a1440337.jpg

moblog_7970c571.jpg

 それは日曜日の夜のことでした。

 オフ会メンバー女性でもあるRさんから、短いメールが着信しました。彼女は仕事のタイミングとオフ会のそれがマッチせず、今年に入ってからはオフ会で会うことができずにおりました。

 「明日、急にお休みが取れました。ランチのお時間など、ありませんか?」

 この時ばかりはタイミング良く、月曜日のランチタイム、麻亜宮はフリーでしたので、リアルタイムに返信してOKと伝えても良いところでしたが、あえて、回答を一晩留保して、月曜の朝になってからYESの返信をしました。たかがランチとはいえ、焦らしが重要だと考えておりますので(笑)。それによって、いろいろなことが起きる、ことがあります・・・。

 都内のターミナル駅で待ち合わせて、まずはランチタイム。

 彼女に、お目当てのお店があるかと聞いてみたら、お目当て有りとのことだったので、そちらに出かけました。 時々、リーダーシップと男性の身勝手というテーマで、この手の話題が出ることがありますが、麻亜宮は、こんなルールにしています。女性のお目当てがあればそれに決める、お目当てがない場合は男が決める。これなら、身勝手だとか、優柔不断だとか言われる確率は低いのです。

 ここで新事実。
 彼女は新婚妻になっていたのです。しかも、歳の差10歳近い年下男性がご主人。

 おもわず、
 「大丈夫なの? この状態?」
 と聞いてしまいました。


 ランチを終えたところで、彼女のシンデレラタイムまでには約3時間あります。そ、微妙な時間です、3時間(笑)。彼女、体を寄せてきます。 実は、この段階で、麻亜宮としては2軒目でグラスを傾ける位でも良いかな~と考えていたのですが、久しぶりに、この日は、“少しだけ発情モード”でした(#^.^#)。原因は、先日開催されたセックスライフ向上委員会の淫縛セミナーでのワンシーン。 

そ、この写真。
鵺神 蓮  淫縛セミナー 交流会
見慣れたBODYのはずでしたが、この日は違う感想を持ちました。
「いい女になったな~」って。
淫縛効果かもしれない。

そんなこともあり、麻亜宮の Sココロ が活動開始することになりました。

結局、焦らし作戦を展開するうちに、彼女の方から、この後の行先=ホテル というセリフを引き出すことに成功しました。彼女の顔が真っ赤になっていたのは、ランチワインが原因というわけでもないはずです。

 セックスはホテルの部屋に入る前から始まっている。

 これは、セックスライフ向上委員会の実践セミナーでも時々耳にする言葉です。それは事実です。実際、この日のセックスが始まったのは前夜のメールからです。

 女性は過去の気持ち良かったセックスを覚えています。

 そのセックスを実践した相手のオトコを覚えています。

 その男と再び肌を合わせると決まった段階で過去の記憶が蘇ります。

 勝手に彼女の中で前戯が始まります。

 脳を愛撫するセックスとはそういうものです。

 これを学習し、マスターすれば、女性から誘ってもらえるはずです。


 しかも、セックスライフ向上委員会の活動が本格化してから 麻亜宮も学習しております(#^.^#)。この日は、なんと、ふたつの新テクニックを使ってしまいました。

 ひとつは、佐野あゆみ先生(Ayu)がオフ会で披露してくれた女性器愛撫法(厳密言えば、女性器に限りなく近い部分を刺激する愛撫法)と、Mr.ジャックのサンフランシスコ・クリトリス愛撫法です。結果、彼女は、これまでに見たことがないような反応を見せました。こっちが心配になった位・・・。


ハプニング報告の最後に、彼女が肉声で本音を語ってくれたインタビューを紹介します。
3分弱のものですが、なんともエロっぽいインタビューになりました。

【おまけ】
 インタビュー中で彼女が語ってくれたセリフを、一部、紹介しておきます。

※今日呼び出したの(理由)? ちょっと冒険したかったの・・・・・

※挿入前にビチョビチョ・・・

※触る前にビチョビチョ?・・・

※あんなにズブズブに濡れたのは初めてで・・・・

※いじわるなの・・・・

※ポルチオにあたりました!

※若い(男の)味は単刀直入すぎて、飽きちゃうのね・・・

※肉体疲労だけしか残らず・・・・・・

※今日は余韻もそうですけど、導入が・・・・

※そんな流れにノックアウトでしたね(笑)。

※またお逢いしましょう!  はい、ぜひ!

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
スポンサーサイト
[PR]