fc2ブログ

Welcome to my blog

セックスライフ向上委員会

☆セックス研修会のフォローメールから 2/4

0 0
★サンプル1-2 (2日間コースの2日目)
☆セックス研修会のフォローメールから:
 セックスライフ向上委員会が主催するセックススクールは、いろいろなタイプのものが用意され、実施されています。その中で、もっとも実践的なものが、『実技研修付の研修メニュー』です。主なものは、【プライベートレッスン】と【グループ研修】です。

 前者は、研修生と講師、体験女性モデルの3名で、まさに手取り足取りのレッスンをするタイプのものです。後者は複数の研修生(通常は2~3名)と講師、女性モデルという構成です。そして、レッスンを終えた後、通常は1~3日後に、「アフターフォローメール」が送信されます。そこにはレッスン当日に講師が感じたこととアドバイスが記載されています。

 その中には、多くの男性に共通する内容も含まれますので、今回は、代表的なものをいくつか紹介してみることにしました。もちろん個人名は入っておりませんし、個人に帰属する部分や特徴的な部分は割愛しておりますが、十分に参考になる内容だと思います。


【第2日目】

①ヒアリングと会話によるコミュニケーション
 この日が初対面となるモデル女性との雑談機会を持ちながら、前回のレッスンで印象に残ったことなどを話題にさせていただきました。これは、この日のモデル女性に対する研修生様に関する情報提供という側面もありました。

②前戯の基本的な流れ(イントロ)
 前戯に自信がないというテーマへのひとつの解答として、佐藤から「まずは、スタンダードとなる前戯フローをひとつ持つこと」という話をさせていただきました。それに関して、モデル女性とアシスタント女性からも発言していただき、女性から見た自然な流れについて説明を聞く時間を取りました。また、2人の女性が話題とした「女性向けに作られたAV」の2作品について、実際に動画を見ながら前戯・愛撫の流れを見ていただきました。
 モデル女性の「動画の中の女性と男性の立場を逆にすれば良いのです」という言葉は、分かりやすい表現でした。

③前戯の基本的な流れ(実践トレーニング)
 入浴の後、モデル女性を相手にして実際に前戯を行っていただきました。初日の現状把握のために行っていただいた前戯に関する助言に加えて2日目の研修内容を加えて実際に前戯工程を行っていただきました。
 ・ベッドに並んで座ってコミュニケーション
 ・スキンシップからキス、着衣の上からの愛撫、着衣を取る、愛撫・・
そのような流れをモデル女性のアドバイスを入れながら行っていただくことで、ひとつの固定された手順を体験していただくことを目的としました。


④ 研修のまとめ
 終了時刻を30分過ぎての研修会になりましたが、最後には、佐藤とモデル女性、アシスタント女性の方から気づいた範囲でのアドバイスをさせていただきました。前にも書きましたが、多くの男性が気づかない、あるいは見過ごしがちな女性に接する態度や、目の前の女性を大切にする気持ちの持ち方については素晴らしいものがあります。
 ただ、ことセックスという場面に限れば、女性としては男性によって強烈にリードされたいという気持ちをもっていることも一方の事実です。技術と自信の裏付けがあってのことではありますが、まずは、あと少しの強引さを持たれることが飛躍的成長のための要件だと思います。

 そして、それは、有体に言えば、実践によって蓄積される自信、経験知なのだと思います。研修中にもお話しましたが、セックスライフ向上委員会が提供できる出会いの場や実践機会も上手に活用していただきながら、一緒に2人で食事にいける女性のエスコートなどにも積極的にチャレンジして欲しいと考えております。

⑤コンプレックスのこと
 初日のヒアリングでコンプレックスとしてお話していただいたテーマに関してのことですが、ご自信が話されていたように大きな問題ではないと考えています。このようなケースに限らず、男性器に関する悩み・不安を持つ男性は多く存在します。例えば、それは挿入で女性を気持ち良くできないというものだったり、早漏の悩みだったりします。
 しかし、「だからこそ、前戯のテクニックを磨きなさい」とお話ししています。少なくとも過半数の女性はセックスでは、気持ち良い前戯を望んでいます。女性から誘われる男は例外なく前戯上手です。それは、女性向けAVを見ても明らかです。また、男性器の形状がどうしても気になるなら、「女性に気づかれずにスキンを装着する術」をマスターすることも一策です。フェラチオされる前にスキンを装着しておくなんて方法もあります。もっとも、それも、気にならなくなったら要らぬ心配です。いずれにしても、自然な前戯フローを身に付けることが肝要だと言えます。

ピロートーク の メニューに戻る

Newフリーセックス倶楽部TV公式WEBサイト


★サンプル1-2 (2日間コースの2日目)
☆セックス研修会のフォローメールから:
 セックスライフ向上委員会が主催するセックススクールは、いろいろなタイプのものが用意され、実施されています。その中で、もっとも実践的なものが、『実技研修付の研修メニュー』です。主なものは、【プライベートレッスン】と【グループ研修】です。

 前者は、研修生と講師、体験女性モデルの3名で、まさに手取り足取りのレッスンをするタイプのものです。後者は複数の研修生(通常は2~3名)と講師、女性モデルという構成です。そして、レッスンを終えた後、通常は1~3日後に、「アフターフォローメール」が送信されます。そこにはレッスン当日に講師が感じたこととアドバイスが記載されています。

 その中には、多くの男性に共通する内容も含まれますので、今回は、代表的なものをいくつか紹介してみることにしました。もちろん個人名は入っておりませんし、個人に帰属する部分や特徴的な部分は割愛しておりますが、十分に参考になる内容だと思います。


【第2日目】

①ヒアリングと会話によるコミュニケーション
 この日が初対面となるモデル女性との雑談機会を持ちながら、前回のレッスンで印象に残ったことなどを話題にさせていただきました。これは、この日のモデル女性に対する研修生様に関する情報提供という側面もありました。

②前戯の基本的な流れ(イントロ)
 前戯に自信がないというテーマへのひとつの解答として、佐藤から「まずは、スタンダードとなる前戯フロー




ピロートーク の メニューに戻る

Newフリーセックス倶楽部TV公式WEBサイト


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.