fc2ブログ

Welcome to my blog

コラム

セックスを怖いと感じる女性

0 0
セックスを怖いと感じる女性


 ブログに寄せられるメールやフリーセックス倶楽部のオフ会に興味を持って面接に臨んでくる女性と話をしていて常に気になってることがあります。


 それはセックスは怖いもの、つらいものだと感じている女性が少なからず存在するということです。


 例えばこんな表現をする女性がいます。
「セックスは男の欲望を果たすための行為であって、女性はその終了までは我慢しなければならない」
と・・・。


 早い段階で挿入されて、痛さや苦しさを感じた記憶が頭から離れないという女性もいました。まさに、犯されていると感じた挿入そのものを苦痛と感じる女性も。

 これはひとつ例ですが、基本的に、“女性は自分のリクエストを男性に伝えることができていない”のです。

「こうして欲しい」ということだけではなく、「これはやめてほしい」とか、「こんなことはしないでくれ」とか、あるいは「それは嫌だとか」、そういうことを直接、男性に言えていないことが大きな問題です。

 そんなことを言ったら男性に嫌われてしまうとか、そんな心配もあるのでしょう。しかし、それでは本来のセックスの楽しみを知ることができません。

 自由に、こうして欲しい、これは出来ない、そんな会話ができるような男性を選ぶべきだと思います。また、そのように男性を教育することが必要だと考えます。

 セックスはどちらか与えるものではなく、フィフティー・フィフティーなものなのですから。


 どうしても、ご主人のセックスがダメだとか、ボーイフレンドのセックスがダメだと感じるなら、セックスのパートナーだけは他に求めてみても良いのではないですか?

 ちょっと離れてみる、他流試合をしてみると パートナーの良さ を再認識できるかもですから。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.