FC2ブログ

Welcome to my blog

FSC現場報告

入会申請者の面接を行います。

しばらくサボっておりましたが、フリーセックス倶楽部のオフ会に関して、新規メンバーの受付を開始しました。

 具体的には、溜まっていた面接を消化するだけなのですが・・・・、なんと、これが半年ぶりの出来事ということになります。公式WEBサイトに記載があります通り、オフ会メンバーの新規登録は、次のようなプロセスで行います。

1.メールでの入会申請を受け付けます。
  ↓
2.倶楽部において、メールの内容をチェック、審査させていただき、面接対象者を選定します。直近の実績では、12通のメールに対して、1名の方を面接対象として選定させていただいております。
  ↓
3.面接対象者にはメールでご案内をして、後日、日程調整をしてお会いするようにしております。面接場所は都内のカフェで、30分~1時間のお時間を頂戴しております。
  ↓
4.面接ではインタビューと同時に、オフ会の進行方法などを説明させていただきます。文字には書けないことも多いものですから・・・。その後、会の内容、参加条件について合意していただいた方の中から最終的に新規メンバーとしてお迎えする方を選ばせていただきます。こちらは、5名に対して2名の方がパスするという状況です。

 さて、メールで入会申請していただいた方のうち、面接ステップに進むことができなかった方から、時々、その理由を尋ねられるのですが、さすがに、個別対応として回答することはできません。時には、個人そのものを否定するような内容もありますから、それは出来ません。

 ただ、メールを拝見すると、明らかに、「これは無理だろう」という方も少なくありません。つまり、逆に考えれば、その内容を理解すれば、“傾向と対策”になるということになります。

というわけで、今回から、何度かに分けて、その辺りのことを書いてみたいと思います。

題して、

「それじゃ、無理でしょう・・・」


まずは、初回ということで、

1.それ、入り口で無理ですから・・・・です。

  入会審査メールとして最悪なものは、例外なく、こんな出だしで始まっております。

 「入会・・・・



Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
スポンサーサイト
[PR]