fc2ブログ

Welcome to my blog

コラム

そもそも、セックスって・・・

0 0
若い頃、とっても若い頃のことを思い出していました。

 昭和の時代のことですが、洋画のシーンに出てくるベッドシーンと言えば、とても幻想的なものでした。紗のかかったスクリーンの向こうには、白いシーツにくるまれた裸の男女が抱き合う様子が表現されていました。2人は、しっかりと抱き合いながら、お互いの体に手を這わせ、唇を重ねていきます。

 体を密着させながら、お互いの体温を確かめ合う時間が過ぎた後は、テーブルの上のワイングラスがアップになると、男性の胸の中でまどろむ女性の表情にズームされるということです。

 つまり、セックスとは、そういうものだとイメージしていました。裸の男女が、裸の胸と胸をあわせながら、しっかりと抱き合うのだ・・・と。
 もちろん、それでも、十分に刺激的なことでした。とにかく、異性の前で、裸になって、その肌に触れることを許すわけですから。


 しかし、その後、知ることになったセックスシーンは、全く違うものになりました。


 女性は、我を忘れて大声をあげて歓喜し、髪を振り乱して絶叫する。そもそも、性器の中に性器を突っ込むという行為そのものが、想定外・・・・

 ぐったりした女性は、大きく開いた両脚の間に女性器をさらし、そこは濡れそぼっている。

 これが、セックスという行為だと知ることは、まさに、サプライズでした。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

There are no comments yet.