FC2ブログ

Welcome to my blog

フリーセックス倶楽部 通信

週刊ピロートーク 第43号 2011年 6月 24日発行

週刊ピロートーク 第43号 2011年 6月 24日発行今週のピックアップガール ★女性が撮ったエロティックな写真集   「女性が撮ったエロティックな写真集 #1」について、読者限定で公開中です。全127ページとなっているため、5回に分けて掲載させていただきます。通常は、でじたる書房から、1.323円で販売されている電子出版物ですが、前回同様、通常会費の中でご覧いただくことができます。今回は、第3回目の掲載です。 た...

1.STDとは?

1.STDとは?※別の画像  STDとは、「性感染症」を指す英語の頭文字をとったもので、(STIと呼ばれることもあります)性行為により感染する病気のことです。 1999年に「感染症法」が新たに立法され、従来の「性病」に、クラミジアやHIV(エイズ)等の病気を加えて、新たに、「性感染症」と定義されました。 STDと書くと、今風のオシャレな病気のように錯覚してしまいますが、それは危険な感覚です。性病であること...

2.STDの現状 ~日本の性感染症、その実態~

2.STDの現状 ~日本の性感染症、その実態~※画像の情報   正直なところ、日本人にとって、性感染症(STD)は、もはや他人事ではなくなっているのです。直近のニュースには、驚かされました。   そのニュースとは、“エイズ発症者、過去最多を記録! 中高年の新規感染増加!” というもの。報道によると、昨年1年間に日本国内で確認された「新たなエイズ発症者数」は469人で、調査が開始された1984年以来、...

3.STDの感染ルート

3.STDの感染ルート※他の画像  性感染症(STD)は、性行為により感染します。 主に、STDに感染している人との性行為により、その膣分泌液、精液や、血液などを介して感染します。また、傷などの患部や、ただれ部の細胞組織等に、STDの原因となる細菌やウイルスなどが含まれていますので、こちらも感染源になります。  つまり、これらの細菌やウイルスが、性行為により相手の性器、肛門、粘膜、皮膚と接触するこ...

4.STDの症状

4.STDの症状代表的な症状は、以下のとおりです。ただし、最近は、自覚症状がない病気や、症状として出にくい病気も増えているそうですから、少しでも異常を感じたら、そして心当たりがあったなら、なるべく早く病院へ出かけて診察してもらうことをお勧めします。代表的な症状を箇条書きにしておきます。☆STDの症状 ~男性~ 代表的には、小便をする時に痛みを感じたり、膿が出るなどの症状が見られます。具体的には、以...

5.性器クラミジア感染症について

5.性器クラミジア感染症について※別の画像  日本で感染者数が一番多いSTDは、性器クラミジア感染症です。20代前半女性の6%強、10代後半女性の5%程度が、クラミジアに感染していると言われています。 クラミジアは男女の区別なく感染するSTDですが、特に女性に場合は、クラミジアに感染していても、自覚症状が出にくいために、感染したことに気付かなかったり、症状を悪化させるケースがあります。また、知らない間...

6.STDの感染が拡大している理由・背景

6.STDの感染が拡大している理由・背景 ここでは、感染拡大の理由とされているもののうち、代表的なものを紹介しておきます。※別の画像をチェック ※セックス機会の増加  不倫、婚外恋愛、セックスフレンドという言葉が定着していることがシンボリックですが、ひとりの男女が複数の異性と性交渉の機会をもつことが当たり前のことのようになってきました。 フリーセックス倶楽部としてのコンセプトを公開した時は、“とんで...

7.STDを放置すると

7.STDを放置すると  自覚症状がないことで、そのまま放置すると、病気は確実に悪化し、重大な結果に到達することになります。※不妊症の原因になる  男女ともに、不妊症の原因になるケースがあります。また、妊娠中の感染に関して言えば、流産や早産を引き起こす可能性もあります。 <参考>不妊症になる可能性があるSTD   性器クラミジア感染症、淋菌感染症、膣トリコモナス症※子供に感染する  子供に感染した場合に...

8.STDの予防方法

8.STDの予防方法※より安全なセックスを心掛ける  セックスする時には、コンドーム使用を励行します。もちろん、コンドームで予防できないSTDがあることは事実ですが、現時点において、最も確実な方法であることには疑いはありません。コンドームは、避妊のためだけではなく、STDを予防するという面でも有効なツールです。少なくとも、粘膜からの感染という点では、大きな効果を期待できるはずです。※特定の異性ととセ...

9.性的行為別 STD感染ルート

9.性的行為別 STD感染ルート 代表的な、STD感染ルートを箇条書きにしておきます。※画像の説明 キスする 肌への接触 クンニリングスをする(口や舌による女性器への愛撫) クンニリングスされる フェラチオをする (口や舌によるペニスへの愛撫) フェラチオをされるリミングをする (口や舌による肛門への愛撫) リミングをされる アナルセックスでペニスを挿入する アナルセックスで挿入される セックスでペニスを...

a)フリーセックスでのSTD対策 ~麻亜宮の自己流~

a)フリーセックスでのSTD対策 ~麻亜宮の自己流~ ※画像の説明  予想された結果とは言え、STD感染から確実に身を守る方法は、「セックスしない」ことです。これなら、絶対に感染しませんが、改めて言うまでもなく、明らかに、非現実的です(笑)。ましてや、フリーセックス倶楽部通信の記事ですから。 記事の中でも書きましたが、現在、STD感染者は確実に増えています。クラミジアや淋菌の場合は、若年層の間で確実...

b)危機一髪 

b)危機一髪 ~コラム~※画像の説明  毎日新しい女性と、ひとりずつセックスしたと仮定すれば、その期間が3年目に入っている麻亜宮ですが、幸運なことに、一度もSTD感染の悲劇に遭遇したことがありません。 別の記事「フリーセックスでのSTD対策 ~麻亜宮の自己流~」で書いたように、僕なりの予防を実践してきた結果だとも言えますが、とにかく、大切なことは、セックスの瞬間においても、常に、注意をはらっておく...

c)STEP by STEP 

c)STEP by STEP ~コラム~※画像の説明  STD対策が、2人の親しさ・関係によって段階的に変化するというパターンもありました。 その女性は、いわゆる綺麗な女性でした。一緒に並んで歩くと、すれ違う時に、振り向くカップルもいましたから(笑)。もっとも、後から思えば、理由は違っていたのかもしれません。麻亜宮が180cm、彼女が176cmということで、単純に、目立っていただけかもしれません。 ...

d)女医さんのSTD感染対策 ~コラム~

d)女医さんのSTD感染対策 ~コラム~ 実は、もっとも印象的だったのは、女医さん、看護士さん等の医療従事者とのセックスです。※画像の説明  当然ながら、彼女たちの場合は専門職ですから、STDに関する知識については120%完備しているわけです。性感染症の危険性も熟知しているし、もちろん、予防方法についても完璧な知識を持っています。さらには、実際に男性の体を見た時に、異変があれば、その場でリスク回避...