FC2ブログ

      徒然・・・(^_-)-☆

       寒い季節に 「そだね~」で始まった2018年は、暑い夏には「金足農旋風(地元では、金農旋風の方がシックリしているようです)」で後半に向かいました。 倶楽部のオフ会も、いよいよ、恒例の熱海・伊豆方面への一泊二日混浴温泉オフ会と、忘年会&クリパを残すだけになりました。 

       フリーセックス倶楽部は、2018年も、熟成と新陳代謝をバランス良く、その歴史に刻むことができました。 どうやら、2019年も会員相互の交流を継続できそうな流れです。 うれしいことです。

       そんなわけで、久しぶりに、今夜は、取って置きのピノ・ノワールを舐めながら、好きなこと、気になっていることを、だらだらと書かせていただきます。 以下、『徒然・・』 となります。

      性感マッサージ フリーセックス倶楽部

      ★米国中間選挙
         注目の米国中間選挙が行われました。 8年ぶりに民主党が下院の過半数を奪取したことが多くのメディアで話題になっております。 そちらの報道トーンは、民主党の勝利であります。 一方、一部専門家筋では、トランプ大統領本人評価同様、共和党の勝利と報じております。 一見すると、「両方が勝利宣言?」という違和感がある思いますが、私の正直な感想は、 「共和党が、肉を斬らせて骨を斬った」 であります。

       日本の衆議院・参議院とは違い、米国では、やっぱり、“上院と下院、つまり、上と下” だと言うことです。 TVの一部自称コメンテーターの中には、米国下院=日本の衆議院 と見なしている方がおりますが、それは全くの誤解。 下院には、それほどの権限はありませんし、結局は、上院と大統領の承認がなければ、何も決まらないというシステムになっています、米国は。 しかも、下院は2年で次の選挙になります。 結局、 政策実行をスローダウンさせることはできても、それ以上のことを決定することはできません。そうなると、逆に、次の大統領選挙では、抵抗勢力として利用されることもあります。
       
       今回のトランプ大統領の選挙活動を俯瞰してみると、『優先順位を付ける技術の重要性』という点に注目することができます。 次回大統領選挙の布石として、確実に、上院の過半数確保と、州知事選での勝利(スイングステートでの勝利を含む)を目標としておりました。 そのためには、下院は捨てるという戦略。 この優先順位ファーストという発想は、日常生活でも、ビジネスでも大切な視点だと考えます。 結局、世の中、100点を取る必要はないわけです。 合格点を取ればよいのですから。 

       これは、フリーセックス倶楽部の活動でも同じこと。 全員から好かれる必要はありません。 自分を受け入れてくれるメンバーがいれば、それで良し。 ましてや、自分が気に入っている異性が相思相愛でいてくれたら、それに勝る幸せはありません。



      ★消費税10%と、軽減税率
        政府は、2度に渡って延期してきた消費税引き上げ(→10%)を、2019年には実行するという発表を行いました。 あわせて、かなり複雑な軽減税率の概要案を発表しました。 実は、私自身、今回も消費税引き上げを延期するのではないかという疑いを持っております( ;∀;)。 7月の参議院選挙が近づいた頃、「やっぱり、今回も延期・・・」などと言いそうです。 おそらく、次の参議院選挙では、野党は揃って、消費税引き上げ反対を打ち出すでしょう。 そのタイミングで、政府与党も、消費税引き上げ延期と発表すれば、限られた争点が消えてしまいます。 そもそも、過去の選挙でもそうですが、与党が消費税を上げないことを公約とすること自体、妙ですよね・・・。

       さらに、税率引き上げ以上に違和感を感じるのが、『軽減税率適用のためのリテールレベルでの複雑なシステム』であります。 持ち帰りと外食の違いのこともそうですが、そもそも、クレジットカードや電子マネー導入を前提とした還元方式に代表される 机上の空論そのままの愚策の悲しさです。 大店舗法導入以来、音を立ててシャッターを降ろした町の商店街に、今度は、トドメを刺すための方策なのでしょうか。 商店街にクレジットカードや電子マネーを導入することで、国家としてはメリットを享受できるでしょう。しかし、いつまで続くかわからない国家主導の2%還元セールのために、2~5%のクレジットカード決済手数料は機器代金を商店に押し付ける、そんな政策が本当に国民のためになっているのでしょうか。 自らが軽減税率対象となっている新聞各社が、このあたりの事情に一切触れないことも、気になる点ではありますが。


      ★話題の新大臣
        オリンピック・パラリンピック担当大臣と、地方創生担当大臣・・・・。 早く辞めた方が良いと思う。 それにしても、二階派が押し込んだ大臣や、所属議員って・・・・、なんというか・・・・。


      ★@docomo の こと
        フリーセックス倶楽部へ、お問合せメールを送って来たり、入会申請メールを送ってくる方の中に、30%の確率で存在しているのが、 @docomoドメインからのメールです。 こちらのメールについては、ほぼ100%の確率で、倶楽部代表メールからの返信がエラーになって戻ってきます。 

       したがって、倶楽部からの返信を希望される方は、 party2001@hotmail.co.jp からのメールを受信できるようにドメイン設定を変更・確認することをお願いしております。 この内容は、公式WEBやブログに掲載しております。 それにも関わらず、 「倶楽部にメールを送ったけれど、返信がない」 というクレームメールが入ります。 「いやいや、返信はしているのだよ」 という、さらなる返信メールもエラーになるので、それ以上の対応はできません。 ま、それも含めて ご縁 であります。


      ★70歳からの年金受給開始
        厚生労働省が、年金支給パターンについて、新たな試算を発表しました。 65歳から年金を受給する場合に比較して、70歳から年金を受給する場合は、月額にして10万円以上、その支給額が多くなるという試算。 しかし、これについては、新聞の見出しだけを見て判断することは回避して欲しいですね。

       そこには、多くの前提条件が潜んでおります。 国民年金、厚生年金の納付実績についての条件はもちろん、定年後の勤務形態や給与水準のことなどなど。 すべてが満点の場合の数字が、月額10万円以上の差額・・であります。 できるだけ年金支給開始を遅らせたい政府、 できれば、掛け捨てにして欲しいのではないかと理解せざるを得ない一部政治家・官僚の発言など、そこには、多くのワナが仕掛けられています。

       結局は、“年金というものは、長生きというリスクに対応するための保険” であります。健康長寿は素敵なことですが、その裏には、長生きリスクという現実的な問題も存在しております。

       酒もタバコも女も、ギャンブルもやらずにまじめに生活してきた日本国民にとって、最後に待っているのは、 「長生きするのか、違うのか」 という究極のギャンブルが待っているというあたり、笑うに笑えない現実が、そこにはあります。


      ★欧州危機   
        最近は、国内ニュースでは話題になりませんが、欧州危機は、引き続き、危険な火種が燃え続けています。 Brexitは、またもや、ハードランディングの兆候が出ておりますし、何気に、イタリア経済は微妙な段階に来ております。 ドイツの首相が、ミニトランプ化傾向に押されて退陣モードに・・・・。 さらに、新興国通貨も危険な状態継続中。 なにか、リーマン級の経済的破綻が、またもや顕在化するのではないか・・・。 あ、そうか。リーマン級のトラブルが起きれば、消費税引き上げは延期・・だったような。


      ★忘年会&クリパ、そして新年会
        オフ会開催情報、更新しました。
        ぜひ、チェックしておいてください。
        →会員専用ブログでチェック!




      衆議院解散、総選挙、安倍さん、小池さん、民主党、・・

       期せずして、2017年10月22日に、衆議院総選挙が行われることになりました。 ここのブログを昔から訪ねてくださっている方にはバレていることですが、麻亜宮は選挙が大好きです。 フリーセックス活動の次に、選挙が好きです。 ましてや、政権選択がかかる国政選挙となれば、まさに、これからは至極の時であります。何か、得した気分であります。
      ※ここのブログで政治ネタを書くと、クレームを入れてくる方もいらっしゃいますが、ま、ここは、趣味の流れと言うことで、今回ばかりは、ご容赦ください(^_-)-☆。

       今回生まれた カオス状態。 その原因は、結局は、 【男の身勝手によって、女性の行動と存在を軽視したこと】 にあると考えております。 これは、恋愛、婚活活動に限らず、フリーセックスの世界でも、時々見る光景ですが、 いつの世でも、 女性の行動を軽視すると、その後、男性は、本来必要なパワーとリソースに比較して、2倍、3倍の代償を支払うことになります。 TBS系の某TVドラマ的に言えば、倍返しどころか、10倍返しということになります。

       さて、その原因。 それは、1年前に遡ります。

       当時、自民党所属の衆議院だった 小池百合子さん(現東京都知事)が、都知事選挙に立候補しようとした時に、自民党本部は、彼女を自民党公認候補として認めませんでした。 そして、官僚出身のおやじさんを公認候補とすることにしました。結果、彼女は単独で都知事選挙に立候補し、大差をつけて当選し、現在に至っております。 当時、安倍首相は、小池さんを公認することでも良いような発言をしたとか伝えられておりますが、そこは、男社会と霞が関ネットワークと知事職の間に存在する既得権益を背景として、結果、ご承知の展開になりました。 その後の、その流れは、都議会選挙におよび、現在に至っております。

       実際、都内23区の大学生枠を減らそうという政府の方針について、実は、霞が関出身者が多い知事会では、事前に、その方針が了承されていました。そのことが、彼女の国政における しがらみ不信感を増大させた面がある、これは本人が言っていることです。

       都道府県レベルのことを、勝手に国政レベルで操作しているなら、じゃ、いっそのこと、国政レベルに手を付けよう、そう考えることに不思議はありません。 オリンピック・パラリンピックについても、元首相が壁になるなら、その人事権をもってしまえ・・、そう考えても不思議ではありません。

       同じことは、政治に限らず存在します。 格闘技イベントを推進しようとしたら、他の格闘技団体が邪魔するとしましょう。それなら、複数の団体を束ねる新組織を上部に作って、そこを支配してしまえばよいわけです。さらに、格闘技ビジネスをプロレスが邪魔するなら、それなら、プロレスも含んだ上部組織を作ればよい。 そうやって、上層部をマネージすることで、自分のルーツをマネージしやすくなる、そういうことは普通にあります。同じことです。

       過去の記録を見れば、東京都で発生したこの種のインパクトは、そのまま、国政選挙にダイレクトに影響することが続いています。それが、現在の、バタバタ感につながっています。 つまり、あの時に、最初に手をあげた小池さんを東京都知事選挙の公認候補にしていたら、現在の自民党が見る風景も変わっていたかもしれない、そういうことは容易に想像できるわけです。 女性の行動を軽視して、その後のフォローに苦労する男子の行動を見るようであります。



       最初に上手に応援していたら、コーチのバッグで済んでいたのに、そんなことがあったばかりに、結果的に、エルメスのバッグが必要になってしまった・・・か・・・(^^♪。 そういう意味で、新党が制作したPRビデオは、なかなか、良くできています。 オフ会で、人気の女性が寝室に入って行く時に、その後ろから、男が複数、ぞろぞろと付いていく、そんな風景を思い出します。 
      「さ、4P,5Pするわよ~、行く?」みたいな。

       おかげさまで、しばらくは、衆議院選挙ネタで楽しめそうです。 今年も、10月22日の選挙速報は、ベッドの中で、裸の女性と一緒に、TVのLEDを眺めることができそうです (昔は、こういう場合は、ブラウン管を・・・だったのですが、時代は変わりましたw)。

      vs160601-001s_2017092919250977e.jpg


       それにしても、TVや新聞に代表されるメディアの記者やレポーターは、いったい、いつまで、勘違いの薄っぺらい報道を続けるつもりなのでしょうか。 見ていて、こちらが恥ずかしくなるような質問をしたり、ピント外れのコメントを繰り返したりしています。

       例えば、
      「民進党との合流は・・・?」
       ↓
       だから、政党どうしのM&Aではなく、議員や候補者単位に一本釣りだと言っている。それを合流とは言わない。

      「政策のすり合わせは?」
        ↓
       だから、この指止まれ方式なんだから、すり合わせはないわけで・・・・


      「都知事を辞めて、衆議院選挙に出るんですよね・・?」
        ↓
       この段階でハイと言うわけはないのに・・。どうせ、ペラペラも記者は、YESという回答が出た瞬間に、「それは都民を裏切ることに・・」と言いたいわけですよね。 そんなにシンプルなQ&Aは、すぐにバレます(笑)。押されて鞍替えすることはあっても、自分で言うわけはないです(笑)。


      「二足の草鞋は、仕事をなめてる・・」
        ↓
       この質問も多いですが、それこそ、鞍替えを支援することになるのでは? 「そんなに、二足の草鞋が無理だというなら、わかりました、じゃ、一足にします、しかたがないから」って、言えるではないですか? いや、もしかすると、そこまで織り込み済みの大手メディアの作戦?

       基本的に、大手メディアの記者さん、レポーターさん、編集責任者、さらには、そこにぶら下がっている 政治のプロと称する人たち・・・、彼らは、“自分たちは頭が良いと信じています”。 だから、どうしても、 “私たちは、難しい政治ネタを解説し、解釈を加えて伝えていると信じています”。  つまり、データを見ても分からないだろうから、統計値にして見せてあげるというスタンスと似ています。

       いや、それ、時代としては、かなり、ずれています。

       今では、インターネット放送による実況中継や、ネット新聞を通じて、 一般有権者が、自由に 生データに触れることができます。 つまり、大手メディアによる編集を経ることなく、自分自身で、 生データを入手して、自分で考え、分析することができる時代になりました。
       
       そのような情報環境を、ひとりひとりが、十分に活用して欲しいと考えています。

       さて、至極の選挙期間がスタートしました(^^♪。

      PS)
       9月のオフ会は、1日だけの開催になりました。 参加してくださった会員の皆様、ありがとうございました。 よかったです、9月の開催=ZEROにならなくて・・・(^^♪。 ただ、この先も、かなり限定的の予定なので、ご容赦ください。

      山尾衆議院議員は、シングルユースだったのか?

      山尾 山尾しおり 衆議院 不倫 品川 ホテル 高級ホテル ダブル

      麻亜宮のプレイオフ ( Youtube )


      山尾志桜里衆院議員のW不倫イシュー、我が国のパパラッチにとっては適度に扱いやすいネタらしく、今週も引き続きオンエアされております。

       最初に私見を書いておきます。「ま、どーでも良いことだと考えています」・・・。
      つまるところ、山尾さんのプライベートの問題。フランスの大統領はこの種の問題が出たって、どこ吹く風。普通にお仕事されております。
       
       ちなみに、今回の事案について、ひとつだけ気になっていることがあります。

       それは、品川駅前の高級(?)ホテル、その36階のダブルベッドの部屋を山尾さんが予約した際の宿泊契約内容です。週刊文春は、“議員と弁護士は二人で宿泊した”と報道しております。一方、民進党離党記者会見で、山尾議員は、「ひとりで宿泊した」と言っております。

       さて、当日の予約は、『ダブルルームのシングルユース』だったのでしょうか。 そうであれば、定員を超えて宿泊したことになり、これは宿泊に関するルールに違反していることになります。さすがに、弁護士と元検事が、そのようなミスを犯すとは思えませんが。 一方、二名で予約していたなら、これはW不倫の確信犯ということになります。もっとも、“宿泊はしないけれど、お祝いの部屋飲みをするので、2名分の予約をしておこう”と考えたのなら、それは、すばらしい配慮です。

       当日の、予約内容が気になる、気になる、気になる・・。

      あ、ちなみに、当該ホテルの住所は、品川区ではなく、港区高輪であります・・。これも、どうでも良いことですが(^^♪。

      ※関連ブログ記事:
       『山尾議員のW不倫報道とか
        
      麻亜宮のプレイオフ ( Youtube )

      閲覧制限 【 R18 】
      18歳以上限定です!
      訪問してくださり、ありがとうございます。 こちらのブログは 性表現を含みますので、18歳以上の方に限定して情報を掲載しております。 18歳未満の方は、アクセスを中止してください。 


      茶会 フリーセックス倶楽部 オフ会 コスプレ 乱交 出会い セックスフレンド

      お勧めリンク集
      SEXを磨く
      検索フォーム
      最新記事
      全記事表示リンク

      全ての記事を表示する

      カレンダー
      11 | 2018/12 | 01
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 7 8
      9 10 11 12 13 14 15
      16 17 18 19 20 21 22
      23 24 25 26 27 28 29
      30 31 - - - - -
      ブロマガ

      月刊ブロマガ価格:¥ 500

      紹介文:こちらでは、バックナンバーを提供しております。

      「月単位で購入することが可能」ですので、ご興味をもっていただける公開分だけを選んで購入していただくことができます。

      ブロマガ記事一覧

      購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

      カテゴリーの一覧
      アクセスランキング
      [ジャンルランキング]
      アダルト
      2979位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      出会い
      46位
      アクセスランキングを見る>>
      RSSリンクの表示
      出版案内
      フリーセックス倶楽部出版局から、既刊のご案内をさせていただきます。
      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

      LIVE放送
      プロフィール

      佐藤 麻亜宮

      Author:佐藤 麻亜宮
      フリーセックス倶楽部を主宰しております、佐藤麻亜宮と申します。オフ会を含むフリーセックス活動を通じて、これだけは記録に残しておきたい、現場報告としてお伝えしたいと考える出来事などを紹介しております。

      ランキング アダルト セックス 出会い
      FC2 ブログ ランキング
      仲間を増やすために、
      清きワンクリックのご協力をお願いいたします!


      セックスライフ 向上委員会 レッスン フリーセックス倶楽部


      FS_160_250_11.jpg



       直メール

      ★ケータイメールを使用される方は、 @hotmail.co.jp からのメールを受信できるように設定してください。受信制限により返信できないケースが頻発しております。

      ★文字数制限が設定されているケータイメールに関しても同様に、メールをお届けできないケースが発生しております。

      ★メールを送信していただいた後、30日以上を経過しても返信されない場合は、上記エラー原因を考慮してください。ただし、悪戯メールや、要件を満たさないような入会申請メールに関しましては、その限りではありません。

      フリーセックス倶楽部通信の紹介は、コチラに掲載してございます。





      直メールを送信できます

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      ツィート
      美しい貴女へ
      女性器タイプ別ベスト体位
       貴女は上付き?下付き?
       自分の女性器のタイプを正しく理解して、最も適したセックスの体位を知っておくことは大切なことです。せっかくですから、たくさん感じたいではないですか♪。

      セックス48手
       正常位と後背位だけ?
       セックスのマンネリ化を防止する特効薬はセックス48手への挑戦です。「これは無理~」、そんな会話が2人の距離感を縮めてくれるはずです。表と裏を合わせて96手、その全てを紹介します。

      読者モデル・・・
       綺麗な自分を撮影したい。
       即金アルバイトを探している。非日常空間の中で、もうひとりの自分を演じてみたい・・・。フリーセックス倶楽部出版局では素人モデルを募集しております。


      週刊ピロートーク 

      ★A面生活☆B面性活 photo 3
      QRコード
      QR
      月別アーカイブ